トヨタ・子どもとアーティストの出会いin仙台・宮城

Home > 大崎市立川渡小学校
2009年 10月 29日 - 11:16pm

トヨタ子どもとアーティストの出会い2009 宮城県大崎市立川渡小学校

みんなの大地〜みんなで作る鳴子ガラス

全校児童(128名)×村山耕二 (ガラス作家)

ガラス作家の村山耕二氏が大崎市立川渡小学校を訪れてワークショップを行う。
全校児童(128名)と保護者が、自分たちが暮らす地域のお気に入りの場所、特別な場所から一握りの砂を持ち寄り、その砂を集め高温で溶かし、ガラスのオブジェを心を込めて作る。足下の砂が美しいガラスのオブジェに変わるプロセスを共有し、ふるさとを見つめ直すプロジェクトとなった。同時に開催された“生きる”博覧会と連動し、完成作品を鳴子温泉郷の5カ所で展示した。


トヨタ子どもとアーティストの出会い2009
宮城県大崎市立川渡小学校
校長 鎌倉洋美先生 担当教諭 上野則子先生
アーティスト 村山耕二(ガラス作家) 
コーディネート 吉川由美

ワークショップ:

2009年6月30日(火)13:20-14:20 
授業参観日 全校生徒128名 保護者100名
全校生徒の合同授業。保護者も参加して縦割りの6つのグループごとに、持ち寄った砂に関する思い出や砂への思いを発表し合い共有した。すべての砂を紙皿に乗せて、同じ砂でもいろいろな色の砂があること、ひとりひとりの思いが集まったことを確かめた。それぞれの思いは用紙に書いて、小さなサンプル袋に砂を入れて貼り付け、それを体育館の壁にはりだした。授業後、それぞれの砂をふるいにかけながらグループごとのガラス容器に入れた。


 

2009.8.3(月)9:00-10:30 任意参加約50名 保護者約20名が参加・ポランティアスタッフ12名

グループごとにガラス容器に入った砂を改めて観察。色の違いで層ができていることを確かめ、それはひとりひとりの思いの違いであることを確認した。
参加した代表の子どもたちで、その大切な砂をひとつに混ぜ合わせ、白い砂と混ぜ合わせてガラスになりやすいようにし、それを地球の内部と同じ働きをする装置に最後の一粒まで大切にして投入した。
できたものはみんなの想像しているガラスとは違うものになるかもしれないことを伝え、いずれにしてもできあがったものは、みんなの思いの結晶であることに変わりはないことを確かめる。


 

2009.8.4(火)9:00-11:00赤組約60名と保護者20名が参加・ポランティアスタッフ13名

写真のプロジェクションを行い、大切な思いの砂が集められ、そのひとつひとつ違う思いの砂が集まったことを確認。
ガラスを作るには、その砂をどのようにしてガラスにすればいいのか問いかけた。焼けばいいのではないかという答えに対し、鳴子温泉郷の大地から蒸気や熱湯が吹き出てくるさまを見せ、地球の内部の熱について説明。鳴子の大地の力むに思いをいたしながら、その地球の内部と同じ状態を作れる装置の中に、昨日代表の人たちがみんなの砂を投入したことを写真で確認。
その1300℃の地球の内部からどろどろに溶けたみんなの砂を取り出し、村山氏がふくらませてガラスになったことをみんなに見せる。その後、地球の内部からみんなの思いを取り出した円盤に自分の印をつけてメダリオンを作った。
作ったメダルはグラスウールに包んでゆっくりと冷ます。保護者や先生もガラスづくりに参加した。
また、ガラスづくり以外の時間は、8日に行われる除幕式への招待状とポスターづくりを行った。


 

2009.8.5(水)9:00-11:00白組60名と保護者20名が参加・ポランティアスタッフ13名

・トヨタから中山氏
・宇野氏
・藤木氏
・子どもとアーティストの出会いから井出上氏
・宮城県庁消費生活文化課文化振興班 樋口氏
参加4日と同様に作業した。


 

2009.8.7(金)19:00-20:00任意参加 約35名 保護者20名・ポランティアスタッフ12名

昼間参加できなかった保護者の希望で夜に開催。
ゆっくりと冷やしたメダリオンをオブジェに取り付ける作業をした。
体育館の電気を消して、暗い中でガラスを鑑賞。みんなの思いがひとつの作品になったことを確認した。


 

2009.8.8(土)9:00-9:40 任意参加 約60名 保護者30名 来賓 伊藤大崎市長・伊東教育長・市会議員の後藤氏・遊佐氏・中鉢氏が出席・トヨタから宇野氏参加。ポランティアスタッフ15名

除幕のあと校長先生のあいさつ、村山さんへの感謝のことばと村山さんのあいさつ。
その中で作品名を「みんなの大地」とすることを発表した。子どもたちからも感想を発表。来賓を代表して、大崎市長からごあいさつをいただいた。


 

8.9(日)オニコウベリフレッシュセンターで行われた鳴子温泉“生きる”博覧会主催のシンポジウム(アサヒビール芸術文化財団 加藤種男氏・民俗研究家 結城登美雄氏・鳴子の米プロジェクト 上野健夫氏)にて、作品をお披露目・。
8.10(月)から川渡温泉、東鳴子温泉、鳴子温泉、中山平温泉、鬼首山学校を作品の巡回展を開催。

主 催:「トヨタ・子どもとアーティストの出会いin仙台・宮城」実行委員会
トヨタ自動車株式会社
協 働:NPO法人 芸術家と子どもたち、NPO法人 子どもとアーティストの出会い
後 援:宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、大崎市教育委員会
協 力:宮城県トヨタ販売会社グループ

Special Thanks 鎌倉洋美校長先生 上野則子先生